ポジティブなビューティーマインド

好きな運動で運動不足を解消

糖尿病の持病を持っているので、食後に血糖が急上昇しないように運動するよう心掛けています。

 

はじめの頃は夕食後の30分から1時間ほど近所をぶらぶらウォーキングしていました。

 

1週間ほど続けましたが、近所の同じような場所をただ歩くだけでは飽きてしまいました。

 

周りの景色が変われば少しやる気も起きるだろうと思い、車で家から少し離れた場所に移動し、その周辺を歩くようにしました。

 

1月ほど続けましたが、今度は歩くこと自体に飽きてしまいました。

 

 

何か気持ちよく続けられる運動はないかと考えてみたところ、学生時代にやっていたスポーツがやっぱり好きだと再認識し、野球に関するトレーニングであれば長続きしそうだと感じるようになりました。

 

野球のトレーニングといえば、やはりキャッチボールと素振りということになります。

 

素振りは、自分ひとりで出来るものなので、さして苦労せず近くの公園などの広場で行えます。

 

右で100回、左にスイッチして100回というように続けてきました。

 

 

1月ぐらいして、今度はキャッチボールがしたいと思うようになりました。

 

キャッチボールはひとりではできません。

 

かといって相手してくれる人も思い浮かばなかったので、壁を相手にキャッチボールをすることにしました。

 

ただ問題は、野球ボールをぶつけても文句を言われないようなところを探す必要があります。

 

初めに思いついたのは、新幹線高架橋の橋桁でした。

 

しかし、ボールを受け損なった場合、周りを走行する車の迷惑になることがたびたびあり、改めて違う場所を探すことにしました。

 

野球と言えば球場と思い、市民球場に行ってみたところ、球場の外周がウォーキングし易いように整備されていて、球場の外壁はキャッチボールにうってつけの場所でした。

 

今日も球場の外周をウォーキングし、素振りをし、そして球場の外壁を相手にキャッチボールをしています。

 

おかげで体重も減り、血糖値の値も改善しました。

 

考え方一つで健康状態の改善を目指せます。

 

 

そう思えばそうなる話

私は自分の甘さからたくさん借金をしてしまいました。

 

それでもどんどん出費は減り、すこしずつ楽になる予定でしたが一向にひどくなる状態になり、消えてしまいたいと思っていました。

 

でも、なぜか知らないけど毎月の収入がどんどん増えてお財布の中にお札が数枚入っていることが当たり前になりました。

 

親にまで借りていたお金も、100万近いカードローンもそして子供への仕送りも何十万単位でできるようになり借入残高はいっきにゼロになり、それでも口座には何十万も残高があります。

 

借金から解放されて

 

ローン会社の人から「またご入用の時はいつでもどうぞ」と頻繁に連絡がありますが、もうそんなもの必要ありません。

 

しかし、苦しい時に助けてもらったことは本当に感謝しています。

 

私がずっと求めていたもの、欲しかったものはお金の不安がない生活であり親にも子供にも安心させることができて、それでも余裕のある生活の中で自分が心から安心して生きていて、喜んでお金を使ってもいいという人生でした。

 

先の不安はいらないから、今、安心して生きていることの幸せな感覚が欲しかったのです。

 

そう思えばそうなるのです。

 

スキンケアも面倒な考えを止めてシンプルな方法で続けてみませんか。

 

今、ネットで話題の基礎化粧品で取り組むシンプルケア方法。
通販で人気のスキンケアシリーズで人気のメディプラスゲル


このページの先頭へ戻る